再処理施設廃止に1兆円

ちょっとこれは聞き捨てならぬお金の問題です。本日、原子力研究開発機構が出した、「東海再処理施設」の廃止計画において、その作業が終えるまで約70年間、そして1兆円のコストが掛かると試算しました。しかし、これにはそれまでの維持管理費用が含まれておらず、そもそもこの金額で収まるかについても明確ではないということ。これは何もこの施設に限ったことではありませんね。原発そのものだって、さらに廃棄物処理だって、どれだけ後始末にお金が掛かるか誰も正確に言い当てることが出来ていないのですから…。少なくとも、原発の電気代が安いなんていう神話はもう語るのは止めなければなりません。