都議会議員選挙

ご案内の通り、小池旋風が吹きさらす中で、都民ファーストの圧勝で幕を閉じました。自民党は歴史的な惨敗、わが民進党も同じく撃沈しました。何とか私たちが応援した新人候補者1人だけが当選できたのは救いかもしれません。しかし、早急に執行部体制をチェンジさせなければ、民心をつかむことはもはや不可能と思われます。ぼやぼやしていると遠心力が強まり、ますます窮地に自ら陥ってしまいかねないこととなりましょう。ケジメをつけなければ、都議選に見られた光景が国政でも繰り返し見られることになりましょう。そして統一知将選挙へ波及することとになりましょう。