党代表選挙

都議会議員選挙が終わって1ヶ月が経った中で、もちろん本人にとりましては苦渋の選択をしたのでしょう。しかし遅きに逸した感もあります、蓮舫代表の辞任。今更、過去のことを取り上げて言うべきことではありませんが、何故民進党がここまで政府与党の批判の受け皿になり得ないのか、それを真剣に問う代表選挙にしなければなりません。民主党時代から実績のあった議員が出馬する意向であるとされておりますが、どうも一般的に新鮮さを欠いたイメージが漂っているようです。代表選挙に誰が名乗りを上げてくるのか、お盆前の動きに注目していきたいと思います。