エネルギー基本計画

経産省はこれからエネルギー基本計画の本格的な議論に入るという報道がありました。目標とする2030年代に原発の稼働をどうするかが、まずは焦点となりそうです。そもそも、パリ協定では2013年に比べて、30年には26%、50年には80%の温室効果ガスを削減することが高らかに掲げておりますので、その際には原発利用が必要であるという理屈があります。こうした考え方は政府自民党的な見解で、やはりそれを良しとしないから、今一生懸命になって原発に頼らない社会、同時に地球を暖めない社会の構築に向けて独自計画を練っておりますよ。