トランプ発言

今に始まったことではありませんが、やはり米国大統領の発言は重いものであることを実感せざるを得ません。もちろん北朝鮮を巡っての言動もさることながら、今回の人種差別を巡る衝突があのような暴動にまで発展しました。白人至上主義なんて、到底この世の中で認められるものではないにも関わらず、それを擁護しているとか、リー将軍の銅像撤去についても、一々反対の意を述べるなど、やはり一国のリーダーとしての自覚と責任を欠いているのではないか、と思われてしまいます。綸言汗の如し、この言葉を送ります。