党代表選挙

我が党の存亡をかけた戦いが始まりました。と言っても内輪の話であることには変わりありませんが、何しろ都議選にて歴史的な大敗を喫してしまったのですから、蓮舫氏がその責任を取って辞任したことに伴うものです。先の両議員総会でも、解党的な出直しをしていくと執行部が言及したのですので、それではその意味するところは何かと問い質したこともありました。まさに崖っぷちと言っても過言ではありません。起死回生が果たせるか、どちらに軍配が上がろうとも覚悟をもって党運営に臨んでもらうことを期待しましょう。