故羽田総理を悼む

本日午後1時から青山葬儀場にて、羽田元総理の告別式が党葬にて行われました。葬儀委員長は前原代表、友人代表として小沢一郎氏がそれぞれの立場から弔辞を述べられました。とりわけ小沢氏の言葉に込められた意味は深いものがあり、羽田氏とともに盟友として自民党を飛び出し、新たな勢力を作りながら政権交代可能な野党を作ってきた経緯からすると、現時点の政界をどう憂いているのかは一目瞭然であります。今後どのような道のりであろうとも、初心貫徹するという強い意志を感じましたが、どうか羽田先生におかれましても、天にいてお見守り頂きたく、私もそんな気持ちにさせられました。合掌