対北制裁案

かなりトーンダウンをした気配が漂っています。もちろん国際社会において、一方的な結論を導くのは容易ではないことは周知の事実。アメリカがこう言えば、必ずと言っていいほどロシアや中国が反発することがよく報じられておりますが、今回も同じようなパターンになっています。我が国はどんな外交努力をしているのか、さっぱり見えてきておりません。果たしてこのような制裁決議で北朝鮮がどんな反応を示してくるのか…、おとなしく核開発を中止するなんてとてもあり得ないでしょう。次の段階をしっかり見極めて、さらなる制裁強化にもっていけるか我が国の外交手腕が求められます。