労働分配率

つい先日の記事でこんな内容が目に留まりました。それは先の4~6月にかけての大企業における労働分配率が、46年ぶりに43.5%に低下したという内容です。企業の利益のうち、労働者の取り分を示す指標ですが、これが何をいみするものでしょうか。もちろん、企業が儲けているにもかかわらず、その恩恵を社員・従業員が預かることが少ないことを表すものです。今は既に企業内部の留保額は400兆を超える水準となっております。貯めないで、いかに使っていくのか、これを選挙を通じて大企業にも訴えていきましょう。