金融政策の限界

アベノミクスの基本的な柱とされてきた、大胆な金融緩和策をこれからも継続して行っていくことを、日銀の金融政策決定会合で決めたとか。あれから早5年近くが経とうとしておりますが、相変わらず消費者物価上昇は2%の目標値とはほど遠く、0.5%程度をさまよっております。黒田総裁がいかに成果を強調したと言えども、実質的に国民生活が向上しておりません。既に日銀が保有する国債は430兆円を超え、長期金利の動向いかんで国債の信用度が変化します。またそれにも増して財政規律が守られないとなると、行きつく先がどんなことになるのか想像するに厳しさが増してきます。