金氏の声明

トランプ大統領との言葉の応酬は激しさをましてきましたね。それも今回は異例で、最高権力者たる金正恩氏本人によるものだから。ご案内の通り、3代に亘って権力を継承してきておりますが、トップがこうした場に臨んだのは初めてといいます。「北朝鮮を完全に破壊する」というトランプ氏の演説に対し、「史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」という、この言い回しもちょっと分かりにくいが、これが太平洋上における水爆実験を指すのか不明です。それにしても、こんな形で緊張が一層高まり、危機が迫っているにもかかわらず、総選挙を行う日本はどんな国なのでしょう。