臨時県連大会

後藤県連代表の離党により、急きょ新代表を選ばなけばならなくなり、臨時的に県連大会が開催されました。我らが本村代議士が選出され、民進党県連として第3代目の代表となりましたが、前途多難なことばかりでまさに火中の栗を拾うと言わざるを得ません。離党者が相次ぐ可能性も指摘されておりますし、新党候補者が競合することも充分予想されております。しかし、それにもメゲず、ひた向きに真っすぐに歩んでいくしかありません。ある意味、開き直って晴れ晴れとした気持ちでスタートしましょう!