民進党合流!?

少なくとも今日のお昼過ぎまでは、このまま民進党公認にてしっかり足元を固めていかなければならない、と覚悟を決めて活動してきました。一報が入ったのは、テレビのワイドショーでも大きな見出しで「民進党合流か?」と映し出される直前でした。すぐさま、いろいろな選挙用の印刷物を作成中でしたので、取り敢えずストップさせました。要は私たちも小池劇場に巻き込まれるような形で、ある意味翻弄されながら、一定の役を演じていかなければならなくなったと思われます。野党一本化なるか否かの苦渋の選択を前原代表がされたと思いますが、今後どんな形で政権交代を果たしていくのか、その真価も同時に問われることになりましょう。ひいては再来年の地方選挙にも大きな影響をもたらしてきますので、何と申しましても地域間の連携を大事にしていかねばなりません。