衆議院解散

本日正午の衆議院解散には、野党として出席を見送りました。何しろ無茶苦茶な形で、一方的な手法でいきなり解散ですから…。その後の民進党の両議員総会、もう総選挙まで日がない中、一定の方向性を出すことに腐心をした前原代表、苦渋の決断をしました。確かに様々な憶測や不安が交錯する状況下にあって、何とか合意を取り付けたことは多としたいと思います。何しろ安倍首相の思惑通りにはいかせない、「やぶへび解散」に持ち込むためには、小異を捨てて大同につくしかありません。