排除の論理

小池党首の発言は極めて重いものです。以前にも、民主党入党を巡って、新党さきがけの武村氏が入党を拒まれた事例がありました。あの時の状況については、おぼろげながらの記憶しかありませんが、竹村氏に対して一定の同情も集まったのも事実。今般、希望の党公認および入党について、民進党関係者を選別するとあります。確かに理念や基本政策について、水と油の正反対を向いている者を加えることは出来ないと思いますが、時間の制約がある中で、エイヤーと矛を収める手法が求められます。