候補者調整

一番センチメンタルなことです。候補者にとって自らの命運を決定づけられることになりますし、今後の方向性に左右することにもなります。本日、希望の党と維新サイドでトップ会談が行われ、候補者調整を行うことを決定しました。ここには民進党から移ることを模索してきた関係者はどんな位置づけになるのか、不透明なところもあります。かつて民自合併もありましたが、今回も公党間の約束をしっかり交わした上で、それを実行に移していかなければならなかったものの、その手続きがなされていないことに瑕疵があるのではないでしょうか。混乱を収拾するのは、やはり小池氏自身となります。大岡裁きを見せることが出来るのか、そのタイミングはいつか、大いに注目されます。