立憲民主党

こうまでゴタゴタになるとは誰が予想したでしょうか。先月28日の両議員総会では、確かに細部までの説明はありませんでしたが、まとまって合流することにつき前原代表に一任した経緯があります。それが裏切られたと思う関係者が多数いるのも事実。リベラル系を切るための確信犯だったとのマスコミ報道も出ているようですが、私はそこまで前原氏が前提としていたとは思えません。しかし、こうして民進党は分裂しました。問題なのは総選挙後の民進党内部です。私自身にも陰に陽に新党参加を呼びかける声まで出ております。最終的な判断はこれからするものの、選択肢の一つとはなるかも知れません。