第一次公認

希望の党の第一次公認が発表されました。先月28日の民進党・両議員総会では、誰もが希望の党に移籍するものだと思っておりました。すなわち既に希望の党側で候補者選考を進めていたものを白紙に戻すことにするのだな、と前原氏を信じて一任したのでした。そもそも合流する条件や、具体的な基準など当初から全く示されず、各々今までの言動によって色分けされるという、極めてアバウトなやり方で選別作業が行われたと巷で言われております。そもそも希望の党への入党願いも公認申請もしていないので、手続き的にもよく分かりませんし、結局公認漏れとなりました。あとは残る選択肢を模索していかねばならないと思います。明日から明後日にかけてギリギリの線で、出馬の可能性を求めていきます。