不出馬

希望の党の公認漏れが徐々に明らかになった時点から、ずっとこの選択肢も考えておりました。民進党が引き続き存在していれば、昨年の参議院選挙以来の市民グループや、あるいは共産党系の方々とも連携して、自民党打倒を目指すことも厭わなかったのですが、肝心の民進党が存在しなくなった以上、出馬見送りもありかと思っておりました。この間、立憲民主党という受け皿が立ち上がりましたが、私の思想信条とはちょっと違います。そもそも今までとは行動を共にしてこなかった前職ばかりですので、入るにもかなり違和感を自ら感じてしまうことになります。そんな自己矛盾を抱えながらの入党は、どうしても出来ないと判断しました。近い将来、小池パワーで自民党を割ることができるか、希望の党の使命はここにあると思います。政界再編が叶わなければ、残念ながら…。