記者会見

いろいろと熟考したあげく、本日記者会見に至りました。もちろん自らの出処進退について、公の場で述べる必要があったと思ったからです。そもそも前原氏が民進党を希望の党に合流させると両議員総会で何と言ったのか?「野党がバラバラだと安倍政権を倒すことは出来ない、むしろまとまっていく必要がある」と明確に述べておりました。しかし現状はどうでしょうか…、言っていることとやっていることは真逆であり、むしろ近親憎悪的に希望の党と立憲民主党がぶつかり合っているではありませんか。今後、民進党は参議院も地方議員も分裂して収拾がつかなくなるでしょう。まさに民主党時代からの歴史的な役割を終えることとなります。一抹以上の悲しさを感じつつも、現実を受け止めていかねばなりません。