戦い終わって

希望の党失速、立憲民主党躍進、総選挙が始まる前に一体誰がこれを予想できたでしょうか。小池および枝野両代表も、よもや明暗を分ける結果になろうとは当人たちでさえ思いも寄らなかったものと思えます。ただ、背水の陣を敷きながら一生懸命失地回復を目指した枝野代表に対しては、判官びいきもあったかも知れませんが、一定以上の支持が集まりました。一方、きつい表情で上から目線という印象を抱かせてしまった小池代表には、多くの批判が集中してしまいました。前職として共に活動してきた多くの仲間議員たちの一喜一憂が垣間見られます。希望の党に入れず、仕方なく立憲民主党に行かれた議員の中にも、今後政策的なジレンマを抱えながら、党所属議員として活動していくことになるでしょう。私自身、こうした流れを見極めていきたいと思います。