民進党両議員総会

それは大いに揉めるでしょう。前原代表により冒頭の挨拶が終わった瞬間に、会場は当然前原代表批判の一色になったことは容易に予想できます。この一連の流れにおける氏の発言がどうであったのか、そもそも当初は全員合流を目指していたのでありましょうが、途中から小池氏に自分の意志が寸断されたと言うのか。しかし選挙中は前原氏自身が全て想定内で進んでいるという発言は、やはり「言うだけ番長」健在なり!ということを自ら示したことになりましょう。少なくとも前原代表が釈明できる余地は全くないというものですので、あまりこだわらずに辞任して党を後にされた方が良いのではないかと思います。