ソフトバンク日本一

まったく手に汗握る試合でした。本当に心臓に良くないとはこのことでして、もちろん実際の現場は想像を超えるような緊張感であったと思われます。あの時にホームランを打たれたいなかったら、また延長に入ってダブルプレーが出来ていれば、とベイスターズファンなら誰しも残念がっているでしょうが、しかし結局、ソフトバンクの総合力には勝てなかったでしょう。むしろベイスターズがよく頑張ったと言う方が適切ではないでしょうか。クライマックスシリーズといい、3連敗からの2連勝といい、粘り強さが来年のリーグ優勝に向けて繋げていってもらいたいですね。また来年はハマスタにお邪魔したいと願っておりますので。