希望の党代表選挙

衆議院選挙の敗北を受けて、早急に絶ちなおす必要があった希望の党。しかし発足から、まだ1ヶ月半も経っていない状況下で、既に分裂含みと言われているのは気の毒な気もします。玉木氏が大串氏に大差をつけて勝利したものの、やはり民進党出身議員からすれば早期に野党再編に向けて展開していくべきであるとの声が上がっているのも事実。野党第二党としての存在感をどんな形で保っていけるのか、またひっそりと影を潜めた小池氏の動向も気になるところです。何しろ与党に対抗する手段をしっかり取る必要があります。