女子スケート

オランダで行われているスピードスケートW杯第一線は、我が日本スケート界にとっては幸先のよいスタートを切りましたね。とりわけ女子選手の活躍は目覚ましいものがありました。と言うのも、この3日間で6つの金メダルを含むメダル8個を獲得し、中には何と世界新記録まで達成しました。役3か月後に控える冬季オリンピックに際しても、この流れをもって多くの期待を集めそうです。これから本大会に向けて、何より選手たちの体調管理は不可欠でしょうし、いかにモチベーションを保っていくのか、多くの関係者の腐心が続きます。