ロシアを排除

ある意味この決断も衝撃的でした。今やオリンピックは国家の威信をかけての戦いといっても過言ではないほど、ヒートアップしておりますね。開催の度に商業収入を上げることが目的化されて、そのための基盤整備にもさらに柔術家が求められるようになりました。だから開催したくとも、それなりの財政投下が必要になりますので、開催希望都市も及び腰になっている状況です。そんな中、今回はIOCも厳格な対応に終始しました。国ぐるみで不正を行うこと自体、許すまじき行為でありますが、ドーピングに関わりない選手も沢山いるはず。ロシア側がこれを受けてどんな対応をしてくるのか…、反省の一かけらもないようでしたら、本当に救いようのない国になってしまいます。