もんじゅ廃炉

日本原子力研究開発機構によると、来年度から廃炉に着手して、向こう30年間でトータル経費は3750億円を見込んでいる。おいおい本当かいな?この数字をみて、そう感じる人は少なかろう。あの福島原発事故について、その解体・撤去費用は超天文学的数字になると言われているのにもかかわらず、20数年間も事故を繰り返し稼働しなくなった「もんじゅ」がこの程度のコストしか掛からないなどと、見え透いたウソは止めろと言いたい。政府の誤魔化し、まやかしは今に始まったことではないが、全て自民党政治が作った欺瞞の証左がこれである。