道路の落とし物

昨今、米軍機より上空から破片などの落下物があって、かなり社会問題視されておりますし、もちろん旅客機であっても同様なことが指摘されていますね。それでは道路を走る車が、積んでいる荷物等を道路に落とし忘れてしまうケースがどの程度かと言いますと、何と年間76万件にも上るようです。その内訳で最も多いのが、プラスチックや布、ビニール類が約20万件とのこと。もちろん道路交通法によって、積載物の転落防止を運転者に義務付けておりますが、なかなか過失は防ぐことが出来ておりません。もちろんドライバーの責任の範疇で事故につながらないよう、細心の注意を促していくしかありません。