年金制度

年金受給開始年齢につき、70歳超に先送りできる制度の検討に入ったとあります。ちょっと前まで「百年安心」と政府与党がうそぶいていた現行制度について、今後の人口減少や年齢構成を鑑みた場合、とても太刀打ちできないとの判断なのでしょうか。今後、定年延長や高齢者就労など色々な理屈をつけて正当化していくでしょう。賦課制度そのものを変えない限り、辻褄合わせの政策は、所詮イタチごっこの繰り返しを演じていくことになります。