遠のく財政健全化

2020年度であったはずが、2025年に先延ばしになり、今回はさらに2年後退して2027年度になると言われております。基礎的財政収支、プライマリーバランスというものでして、いわゆる財政健全化です。しかしこれとて、名目GDPが20年度以降、年率3%以上で推移しなければならないことを前提としておりますので、五輪開催後に訪れるであろう不況と重なった場合には到底無理であると予測されます。しっかりとした責任感を持ってやれるか否か…、政府に対する信頼性は既にゼロに近いのではないでしょうか。