国主導の農地バンク

年を追うごとに農作物が作られずに放置された耕作地が、全国的に広がっております。それを地主から若手農家などの担い手へと仲介、賃貸する政府の「農地バンク」が、左程機能していない実態が明らかになっております。そもそも農地は貸すだけでなくて、再生して人が集まる仕組みを作ることが大切であるというのが本筋です。しかし政府側は貸すだけが目的で貸出後のことについては関知しない、これじゃ不発になるのも無理ないです。やはり民間主導にて、使いやすい農地へと再生するしかありません。