受動喫煙対策これで良いのか?

この度やっとこさ、東京五輪に向けて我が国でも法律として受動喫煙対策を講じようとしております。この度厚労省が提示した「健康増進法改正案の素案」を見る限り、国際基準とはまだまだ乖離しているなという感が否めません。確かに飲食店業界からすれば全面禁煙は死活問題と、反対ののろしを上げ続けるでしょう。神奈川県でも先んじて条例を作りながら、それが空文化している箇所が目につきます。仏を創って魂を入れず、折角法律を作っても運用が疎かになってしまっては元も子もありません。