やっぱり森友

一連の国会質疑からも分かるように、やはり森友学園を巡っての財務省の対応はきな臭い様相を呈してきました。もういい加減にしろ、という外野からの声もあるようですが、しかし以前、佐川前理財局長を中心とした答弁は、その場しのぎのウソ偽りの類であり、これを見過ごせば何のための質疑かという国会の根幹に触れる問題になります。しっかり佐川氏を国会に招致して、ことの真相は明らかにしなければなりません。