徴兵制復活

と言っても、我が国のことではありません。ヨーロッパ各国で徴兵制を復活させる動きが出ているようです。スェーデンは8年ぶりに再開、フランスは約1か月の兵役の義務化を目指し、ドイツの極右政党も必要性をPRしております。その背景にあるのは、横行するテロ、領土拡張主義のロシア、自国第一を掲げるアメリカ等々が挙げられますが、果たしてどんな効果が見込めるのでしょうか。財政負担も半端じゃないので、安全保障のコストの妥当性が益々問われてくる時代です。