五輪後の南北問題

一昨日閉幕した平昌五輪。北朝鮮による政府関係者や女性応援団、合同チームの投入など、南北融和を演じようとする微笑み外交が見られました。韓国世論はこうした動きに反発もありましたが、もともと朝鮮戦争でちりぢりになった1千万とも言われる離散家族の存在が底流にあるので、北側と会えるのは悪くないという雰囲気も出ております。これからパラリンピックを経て、米韓軍事演習が予定される中で、韓国側の対応が注目されましょう。