部活動の自粛

こんな表現が妥当かどうか分かりませんが、昨今の教育現場における教員の働き方改革にいろいろな課題が示されております。確かに、聖職とは言えども先生は大変忙しい日常業務をこなしております。様々な準備を始め、実際の授業、指導、それに放課後の部活動、学校行事や研修、またいろいろな書類の整理や提出に至るまで、かなりのオーバーワーク。この度神奈川県でも、指針として部活動の休養日について打ち出しました。他校に勝るのは練習時間しかない、という従来の考え方をチェンジできるか、試されることになりましょう。