ICTの活用

時代の流れに沿った形で教育も行われるべきですね。先ほど、文科省は小中高校におけるパソコンを、授業で1人に1台使えるように整備する目標を出しました。残念ながら現時点では、1台当たりの生徒数は全国平均で5.9人、そして神奈川県は最低してで8人の整備状況になっています。ただ台数を揃えれば良いというわけではなく、やはり教員のスキルアップは不可欠。授業にどの程度どんな形で採用していくのか等、さらに練っていく必要性に迫られています。