火葬場が足りない

急速に高齢化が進む中、私たちが鬼籍に入るために不可欠なのは火葬場であります。都市部では押しなべて不足している実態が明らかになりました。我が街、横浜でも既に市営4カ所、民間1か所が設置されておりますが、そこで処理しめもらうためには平均で5日近く待つことになります。2030年には、さらに15基以上必要になると予測されておりますので、近隣からは迷惑がられても着実に増設していく必要があります。行政の地道な積み上げを応援していくしかありません。