家計に占める教育費

不況下でも削減しにくい「教育費」。総務省がまとめた2016年統計によると、都道府県別の家計に占める教育費のトップは、埼玉県で月額2万円強の6.1%で、最も低い青森県5,679円の2.2%の3倍近い数値となりました。実家から学校に通える分だけ、私学などの高い授業料を払う傾向が顕著に出ております。ただ塾代などの支出になると、順位はかなり入れ替わりますので、教育費の高さ=家庭の教育熱ではないようです。やはり払う側からすれば、大変だという一言に尽きますね~。