ベートベン第九

「100年前の第九・再現」そんな記事を目にしました。これも大正時代の美談の一つかもしれませんが、日本が敵対していたドイツ兵を、徳島県の俘虜収容所にて人間の尊厳を大事にしつつある程度の生活を保障したという話です。その兵士たちによる第九演奏会を100年ぶりに再現することが決まったようですね。我が地元でも、来年2月に初めての第九コンサートをする企画をしておりますので、先哲に思いを馳せて大いに歌い上げていきたいものです。