目覚ましいeスポーツ

スマホなどのゲームの腕前をスポーツ感覚で競う、いわゆる「eスポーツ」がホットな視線を浴びていますね。既にこれに参画しようと、プロチームや実業団チームが結成され、今やeスポーツ元年とも言われるようになりました。既に世界各国でも賞金総額が百億円を超える大会が開催されており、益々熱を帯びてくる気配です。ただ依存症への懸念は当然指摘されておりますし、そもそもスポーツ性が疑問視する声も多く聞かれます。健全性をどう確保していくのか、今後の展開を見極めていかねばなりませんね。