失踪する実習生

人手不足を背景に、昨年末時点で27万4千人の外国人実習生が日本で働いているようです。ところが、働く現場での長時間労働、上司や同僚からの暴力、あるいは強制帰国の要請など、受け入れ先企業とのトラブルが後を絶ちません。それが実習生の失踪に発展し、今では7千人を超す数となっております。そもそも日本にやって来るだけで、仲介業者に多額の費用を払っている外国人も多く、それをペイするだけでも相当働いて収入を得なければなりません。政府として、外国人受け入れ時だけではなく、そのアフターケアについても本腰を入れていく必要性大です。