これはマズい!

「ちょっと待て、こんなことが許されていいはずがない!」、そう思わせる事案が発覚しました。中央省庁のみならず各都道府県や行政レベルでも、障害者雇用を水増ししていたというもの。本来、民間を指導しなけばならない立場の者たちが、自ら不正をしていたなんて言語道断甚だしいと言えるでしょう。仮に企業が同様の行為をしたものなら、罰金・名前公表等の制裁が加わることになります。とても申し開きのできる案件ではありませんし、3400人の水増し分をどう補正していくのか、しっかり見極めなければなりません。