誰が加害者なの?

若き女性が「18歳という人生の中で一番勇気を振り絞って臨みました」と、記者会見の冒頭で言うと、ただならぬムードが漂いました。体操協会側からすれば、まさに青天の霹靂。今までパワハラ加害者として協会から追放しようとしていたコーチを、被害者であった選手が擁護し、返す刀で協会側のトップをパワハラ張本人と告発したのですから、格好のマスコミ材料となりました。今までの不透明な経過、言った言わないの水掛け論…、さて第3射委員会なるものがどんな裁きをするのか、当面はこの話題で持ちきりになるのですね…。