喫煙者には耳の痛い話

喫煙のつきましては法的な枠組み、規制が儲けられ、さらに東京五輪に向けて東京都も条例を設置して、国レベルよりも規制を強くしようとする気配。そんな流れを受けてか、喫煙可能な飲食店を避けようと思っている人が、58%に達しているようです。女性はさらに顕著で、63%となっており、受動喫煙を嫌う傾向に拍車が掛かってきております。お店側として、禁煙にすると客足が遠or喫煙を認めると客が来なくなる、どちらを選択すべきか思案のしどころですね。