銀行受難の時代

遡ること30年前、つまり我々の就職活動当時、リクルートが調べた文系男子の人気ランキングにおいて、多い時はトップ10に4行も入っていたくらいだった。ところが現時点のマイナビ大学生就職人気ランキングでは、トップ10に1つも入っていない。AIの発達による「銀行員大失業」とか「大失職」とか、とりわけ銀行がターゲットにされているので、そんなマイナスイメージが学生間に浸透しているようだ。AIでは決して果たせ得ない、銀行ならではのスキルを磨いて生き残りをかけていくしかあるまい。