やはり消費者は敏感

時折りスーパーで買い物をする際に、値段は変わらないけれど中身が少なくなった、と感じる時があります。価格を据え置きつつも、容量を減らす「実質値上げ」に対しては、お客の目も厳しくなっていますね。サンプル調査でも、対象商品の7割が販売額そのものが落ちているという実態。負のイメージはすぐさまSNSで拡散されますので、実質値上げはすぐに気付かれてしまいます。中には容器を代えたり、値上げと同時に容量を増やしたり、メーカー側と賢い消費者との知恵比べは、当分続きそうですね。