最低賃金の上昇

最低賃金をどう見るか。もちろん経営者側と労働者側では、その見方は違ってくるのは止むを得ませんね。普通、物価の上昇率やその国の成長率を考慮して、最低賃金を上げるか否かを決めます。現在、最も高い東京都が985円、最低の鹿児島県が761円で、全国平均値は874円です。我が国の物価上昇や成長率が1%程度に留まる中、ここ3年間連続で最低賃金の上昇は3%を超えました。となると、給料をもらう側、払う側、どちらの顔が和らいでいるでしょうか。