ああ~徴用工訴訟

今の韓国世論に引きづられる形で、最高裁は新日鉄側に賠償を命じる判決を出しました。どう見ても今回の判決は、今まで築いてきた日韓関係の土台を壊すことになり、抜き差しならぬ事態に発展することもあり得ます。何故、こうまで日韓関係がごじれてきたのか、何が間違っていたのか、冷静になり再度原点に立ち帰る必要があります。韓国政府は「司法の判断を尊重し総合的に対応していく」と言いつつも、「日韓関係については未来志向型を追求していきたい」と、曖昧な発言を繰り返すだけ。類似裁判が相次ぐ恐れもある中、問題解決の責任は韓国政府にあることだけは明白、今後の流れを注視していくしかありません。