これってどうなの?

今年度末に期限を迎える予定の「教育資金の非課税贈与」についてですが、延長になるような雰囲気です。確かに子どもや孫の成長を楽しみにしながら、資金援助する層が年々増えており、昨年度も20万件近い申請がありました。1人当たり1500万の贈与までは非課税、教育資金と言われるものの内、500万までは塾、スイミングやピアノと言い習い事やその道具なども対象となり、30歳までの子どもや孫がもらえることとなります。さ~て住宅贈与や教育贈与につき、税の中立・公平性を巡ってまた議論を呼びそうですね。